1. 転職祝い金・懸賞つき転職・求人サイトwork wave転職・就職版トップ > 
  2. ビジネスマナーと敬語ガイド

求人情報毎日更新 2017/03/29 NEW!

 

ビジネスマナーと敬語ガイド

転職での面接に必要なマナーと敬語について。敬語、クッション語、間違いやすい敬語、面接電話のかけ方、席次、面接のお礼メール、お礼状について解説。

  • ビジネスマナーとは?

ビジネスマナーはコミュニケーションのための基本ルールです。

ビジネスマナーとは仕事をする上で必要とされるマナーの総称です。ビジネスをする上で社内、社外に関わらずさまざまな年齢や立場の違う人たちに出会います。そのため挨拶やお辞儀の仕方といった基本的なものから、言葉づかい、席次など必要なルールを理解し、良好な人間関係を築くためのコニュニケーションが必要になります。

第一印象が決まる時間は、出会ってから6秒とも10秒ともいわれます。

もちろん面接時にもビジネスマナーは重要であり、採否に大きく影響を与えます。第一印象が決まる時間は、出会ってから6秒とも10秒ともいわれます。「社会人として即戦力である」「ぜひ採用したい」と人事担当者が思うよう、必要なビジネスマナーをしっかり身につけて面接に挑んでください。

  • 面接での座る位置に迷わない!席次ガイド

テーブルでの座る位置(席次)

テーブルでの座る位置(席次)

席次とは座席での優先順位のこと。出入口から一番遠い席を「上座」、出入口から一番近い席を「下座」といいます。面接で戸惑わないよう、事前に確認してください。

テーブルでの座る位置(席次)をみる

車での座る位置(席次)

車での座る位置(席次)

車に乗車するときは、基本的に安全な席、または広い席を「上座」その逆を「下座」といいます。タクシーに乗る場合、運転手の後ろの席が上座、助手席が下座となります。

車での座る位置(席次)をみる

電車での座る位置(席次)

電車での座る位置(席次)

列車では基本的に進行方向の窓側を「上座」、進行方向と逆の通路側を「下座」といいます。2人掛けシートに座る場合、窓際のシートが上座、通路側が下座になります。

電車での座る位置(席次)をみる

エレベーターでの乗り位置(席次)

エレベーターでの乗り位置(席次)

エレベーターでは基本的に、入り口から遠い方を「上座」、操作盤の前を「下座」といいます。入り口から遠い方の立ち位置が上座、操作盤の前が最も下座となります。

エレベーターでの乗り位置(席次)をみる

  • 面接に役立つ!敬語ガイド

面接で役立つ!敬語一覧

面接で役立つ!敬語一覧表

謙譲語は自分を下にする表現、尊敬語は相手を敬う表現、ていねい語は「~です」「~ます」表現です。 謙譲語は自 分、身内などに使い、尊敬語は尊敬すべき相手(上司など)に使います。

面接で役立つ!敬語一覧表をみる

面接で注意!間違いやすい敬語一覧

面接で注意!間違いやすい敬語一覧表

ビジネスをする上では人と関わりを持つ様々な場面でビジネスマナーが必要になります。しかし、尊敬語、謙譲語、丁寧語などの使い分けを間違えている人は意外と多いものです。

面接で注意!間違いやすい敬語一覧表をみる

面接で役立つ!クッション言葉一覧

面接で役立つ!クッション言葉一覧表

クッション言葉とは、会話相手に対し「依頼」「反論」「拒否」する場合に使われ、相手に伝える内容をやわらかく表現するための用いるビジネスマナーのひとつです。

面接で役立つ!クッション言葉一覧表をみる

転職祝い金・懸賞つき転職・求人サイトwork wave転職・就職版トップへ